風化標本ワークショップ


「風化標本」のワークショップを開催することになりました
場所は京都のラガード研究所さん


      標本というものは、そのものの、時間を止める
      ためのもの。
      けれども、「風化標本」は、時間がたつほど
      変化するというのがコンセプトです。
      何年かたてば、標本にした「拾い物」は、朽ち
      ていき、その形は姿を変え、色褪せてゆきます。
      その時の記憶として、絵と、その「拾い物」の
      色を記録するのですが、さらに時がたてば、
      その絵の具の色彩さえも消えてゆく。
      そんな「記憶の記録」を何年も楽しんでいただける
      世界に1つだけ標本です。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

風化標本ワークショップ

11月1日(金)19:30〜22:30(夜の部)
11月2日(土)10:00〜13:00(朝の部)

料金:¥2,800(1ドリンク付き)

参加人数:各回5名様

集合場所:ラガード研究所
(京都市左京区北白川久保田町60-11ミヤギビル2.5F)

内容:
狩野岳朗( IONIO&ETNA)と淡嶋健仁 (ラガード研究所)による
風化標本のワークショップ。
拾い物アドバイザーとして、イラストレーター西淑も参加します。

※みんなで拾ってきた標本にしたい「拾い物」の絵を狩野岳朗が描きます。
※淡嶋健仁 による蠟引きのボックスの中に標本をとじこめます。
※作品はそのまま御持ち帰りいただけます。

ご予約方法:
お名前/連絡先/人数を明記の上(orantoc@gmail.com/担当:鷹取)
までお問い合わせください。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
企画:狩野岳朗( IONIO&ETNA)/淡嶋健仁 (ラガード研究所
協力:鷹取愛(opantoc)/西淑Black bird White bird