古洋書の装丁

たまに出てくるとうれしくなる
古洋書の装丁

製本をやっている方にきいたお話だと
日本よりも洋書の製本の歴史は古いらしく
いろんな技法があるそう

古い装丁を使って製本を修理するお仕事もあるだけに
とてもしっかり作られている





表紙裏にはだいたいマーブル紙
その模様は細胞や波間のよう






ちょっとしたお盆にもなるし
いろんな物をのせてみたくなる

(T)