石を食べるもの

 

この付近の海岸では惑星のクレーターのように穴があいた石が採取できる

もろい砂岩質の物もあればかたい石もある

 

 

その正体は二枚貝

石に穴をあけ、その中をすみかにして一生を過ごす。

 

学名の属名"Lithophaga"は「石を食べるもの」という意味らしい。

 

貝殻だけ穴に残ってカラカラ音を鳴らす石もある

 

 


 

 

 

 

サイアノタイプ木製枠

サイアノタイプは青写真や日光写真のこと
その写真を焼く時に使用する額のような道具

もちろん普通の額としても使えます

 

 

上のはとても珍しい、ガラス面が少なくさらに木板でトリミングされたもの

木の面積が多いのでマットが入っているかのように画面に落ち着きを感じます

 

 

この道具は裏面が特徴的です

だいたいアメリカkodak社製の形を見かけますが

今回入荷したのは全てイギリス製なので裏面の留め具があまり見たことのない感じ

 

 

日々の気になる物を入れてみてはどうでしょう

 

 

以前のサイアノタイプ木製枠の記事はこちら

小さいシャベル

小さいシャベルの先の部分が2つ入って来たので

柄の部分をつけてあげることにしました

 

 

ちょうど良い柄の、すり減ったキリがあったので

柄の部分だけ使おうと思ったのですが

シャベルの反対側に小さいキリがついてても良さそうなので

そのまま残す事に

 

 

キリのカバーも

 

 

もう一つは針金をぐるぐる巻きにして少し錆で固めるため海水をつけておきます

 

 

こんな感じにできあがりました。

思えば昔から変な道具を自作する癖があるようで、

柄の先を取り替えるといろんな工具?になるという携帯式寄せ集め工具を作っていたのを思い出しました。

箱はフリスクの箱でした。

 

上24cm

下21cm

上のは掘ったり穴あけたりもできます。

家庭菜園の土いじりにも