クラヤミラムプ

このクラヤミラムプは
他のと少し違った感じ

スイッチが見あたりません




このキノコのようなモノを左に移すと…


どうしても作りたかったこのカタチ
ナウシカのマンガに出てくる巨神兵を
作るための鍵
黒い箱がイメージなんです

その名もクロイハコ
お店でいじってみて下さい

クラヤミラムプ

IONIO&ETNAのお向かいさん
「えほんやるすばんばんするかいしゃ」でやっている

くちちきさんの個展「ちきちきばんばん展」
2011/9/22(木)-10/18(火)


でクラヤミラムプも少しお手伝いさせてもらいました


ちきさんがIONIOに来た時
たまたまできてたクラヤミラムプを使って
その場でちきさんが小さな絵本を作ってくれました

えほんやさんの階段をのぼる途中にあります
小さな大作です  見逃さないように


10/1と2の二日間は
下のカフェ「百音」が少し復活
ちきさんの展示と特別メニューがあるそうです 楽しみ

クラヤミラムプ



クラヤミラムプの新作です
壊れた電球のガラスを使っていて
中に錆びた鉄で浮き島のようなモノを入れました

ガラスの中に何か入っているっていいですよね
なんででしょ

クラヤミラムプの中でもさらに小さい明かりになっているので
まっ暗闇で見るのに適しています
暗闇に小さいドームの世界が広がります



クラヤミラムプオーダー




頼まれていたクラヤミラムプを作りました
このラムプはスイッチの部分が面白くて
秋葉原の部品屋さんで見つけたデットストック品



スイッチの中の空いている部分に
ロウ引きの紙を巻いた電球を入れています
ボワっとやわらかい光

クラヤミラムプ





----------------------------------------------------------

部屋を少し暗くして
ひとりきりになったら


「クラヤミラムプ」


それは、闇を知るための光り


それは、手探りで歩く指先の温度
それは、やわらかなものに触れる舌の感触
それは、ひいてはよせる波の響き
それは、口に含んだ葡萄酒の苦み
それは、ざわめきの中に混じる甘い香り
そして、言葉にならないもどかしい気持ち


とっておきの場所はありますか?
誰にも邪魔されないあなただけの居場所


わすれた何かを思い出すために
うしなうことの意味を知るために


プラグのいらない小さな光り
あなたがあなたに出合うための道具

ただそこにあなたがいることを知るためのともしび
そこがどんなに暗いのか、あなたに教えてくれるもの



心のありかを確かめるように


「クラヤミラムプ」は
それを知るための光り

----------------------------------------------------------
                 <文 ヒガシムラノリト>




スイッチをつけてもその電球の辺りしか灯さない小さな明かり
眺めているといつの間にか闇の中に 一人の世界が広がっていきます

飲み物の匂い    時間の流れ    風の音    昔の記憶

ゆっくりと しっかり感じてくるはず

そんな雰囲気を体験してみてください




クラヤミラムプとは
ヒガシムラノリト と カノウタケロウ
で一緒に活動している
「クラヤミコーヒー」から生まれた道具です



クラヤミコーヒーは
高円寺の百音さんで行ったイベントで
店内を暗くして、小さな明かりをともし
暗い場所で黒いモノを飲む..
という実験的なイベント



クラヤミラムプには 廃材やさびた鉄 使われなくなったビンなど
時間の流れが感じられる素材が使われていています